CATEGORY Ruby

オープンクラスの技法と、クラス継承ツリーの法則

メタプログラミング第二章を読んで学んだことをまとめます。 オープンクラス Rubyのクラスは、後からオープンしてメソッドを追加することができます。 モンキーパッチの注意点 既存のメソッドを誤って上書きすると、予期せぬ挙動…

RubyでYAMLファイルを取り扱う方法

YAMLとは? YAMLとは、構造化されたデータをプレーンな文字列で表現するためのデータ形式の一つです。 YAMLはRuby関連のライブラリ(特に設定ファイル関連)でよく扱われることもあり、サードパーティのgemを入れな…

Rubyの構造体(Struct) の使い時とは?

Rubyには、Structという構造体を扱えるクラスが存在します。 Ruby on Railsにおいては、Hashでデータの受け渡しをするケースが多いですが、必要に合わせて構造体を作って置くと効率的に安全にコーデォングを…