フリーランスエンジニア→法人化した人の技術ブログ。フリーランス事情や会社の作り方、経営などについても徒然なるままに書いていきます。主な使用言語はRuby、JavaScript。

Permanent Til

オピニオン

フリーITエンジニア月額65万は高くないです

更新日:


プログラマーなどIT(情報技術)エンジニアが不足する中、フリーランスのITエンジニアのニーズが高まっている。正社員の採用が難しい中ですばやく人手を補充しようと、正社員よりも高額な報酬を支払って登用する企業が増加。報酬は上昇しており、エンジニアに求人を紹介するエージェント大手各社によれば、月額相場は全国平均で65万~67万円に上る。

引用: フリーITエンジニア 正社員より高報酬 人手不足で高騰 月額相場65~67万円に :日本経済新聞

日経新聞のこちらの記事が話題になっていました。

最近だと技術者に対する評価が見直されている傾向にあり、正社員の給与水準も上昇傾向にあると思います。非常に良い傾向だと思っています。

結論から言ってしまうと(タイトルにも書いてますが)フリーITエンジニア月額65万円は高くないです。

まともな相場観をきちんと情報収集しているフリーランスの方にはいまさら感ありますが、

  • フリーランスという働き方に対する知名度の向上で、実態の情報収集をあまり行っていない人
  • 正社員で給与がなかなか上がらず、金銭感覚が悪い意味で麻痺している人

が増えてきているので、記事にしてみた次第です。

フリーランスで月額65万円はそもそも新人の水準

偉そうなことを言っていますが、私も独立当初は単価が税込60万でした。

つまり税別表記にすると55万程度です。

新卒で勤めた業務系ソフトウェアベンダを2年弱で退職して、一発目の単価がこの水準です。

当時はエージェントを使っていたので、エンドが支払う金額はもう少し高いと思われますが、現実として「新卒2年で辞めてフリーエンジニアになった」人でもこの単価で成約しているわけです。

ちなみにこのとき、回ったのが3社でそのうち2社からオファーを頂いています。もっと駆けずり回ることになるかと思っていましたが、これはラッキーな読み違いでした。

その後半年程度で現場を変えて税込70万の金額。税別表記に変更すると64万程度です。回ったのが7社でオファーを頂いたのは4社。

この話を別業界のサラリーマンにすると驚かれることがあります。

20代で月60万以上もらうなんてとんでもないと。

しかし、あなたがもし技術力に自信と実績があって独立を志すのであれば、当然この単価は上回れるはずです。

少なくとも、「月額65万」という金額は最終目的とすべき金額でもなければ、「エンジニアリングの神」でないと貰えない金額でもないことは理解していただけるかと思います。

まぁ適切に資金繰りをしていけばこの単価でも生活はある程度安定するでしょうが(実際します)、

そういうことをしたくて独立したいんでしたっけ?

この水準では「あなたが努力してきたその証であるところの技術力を買われている」のではなく、「安いから」買われていることに気がつくべきです。

補足:私の単価の推移はこちらの記事で書いています

「情弱フリーランス」を救う理由は発注者側にはない

「サラリーマン」の金銭感覚のまま独立するとだいたいのところ相場より安い単価で働くことになります。

「サラリーマンの金銭感覚から抜け出せない」ことは単価を安く設定してしまう最大の原因であるとすら思います。(フリーランスには経費・税金もかかってきますがこれについては散々語り尽くされていると思うので今回は言及しません。暇だったら別記事にします)

私も独立当初はそういうマインドだったので「30までに月商80万いけばいいかな〜」とか考えていました。

注意しなければならないのは、そういう「情弱フリーランス」には発注者側「お前安すぎない?ちょっと単価を標準まで上げるわ」とは言ってはくれないということです。

そりゃ安く働いてくれたほうが発注者側にはありがたいですから。

私の場合は「お前若いからって足元見られすぎww」って言ってくれるフリーランスの先輩がいたのでラッキーでしたが、基本的には自分で相場を把握しなければなりません。

「誰かがあなたの一ヶ月の価格を適正に設定してくれる」と思っているなら、その思い込みは独立するときに真っ先に捨てるべきです。

こういった情報収集を怠る人が「フリーランスなんて稼げない〜」「一部のすごい人しかなれないのに煽りまくりやがって〜」とか言ってるのを見るとなんだかなぁ、と思います。

ちなみに今でも「週5単価50万で〜」のような問い合わせがよく来ます。こういった話には「NO」と胸を張って言わなければいけません。

あなたの単価を決めるのはコーディングの美しさだけではありません。

ベストは「相場を知りつつ、自分は自分の価格で設定する」ということです。やっていきましょう。

まとめ

  • 月額65万円は新人フリーランスの相場
  • 独立するならサラリーマンの金銭感覚は意識して捨てること
  • 自分以外に自分を救うものはいない

-オピニオン

Copyright© Permanent Til , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.