「基礎から学ぶVue.js」と「Nuxt.jsビギナーズガイド」でフロントエンドフレームワークを一通りできるようになる







「基礎から学ぶVue.js」「Nuxt.jsビギナーズガイド」を一通り読了。

Vueのほうは2018年6月1日、nuxtは2018年10月22日に初版発行となっています。

Vue

公式のチュートリアルと書いてある内容の本質はほぼ同じだが、書籍のほうが若干噛み砕いて説明してある印象を受けた。

「チームにVue.jsを覚えさせたい!」人には数冊買ってチームメンバーに読ませると良いかもしれません。

Vueだけでなく発展形のVuex、Vue-routerについても触れられています。(どちらもVue公式っぽい拡張ですが)

個人的にはこれでスプレッド演算子の使い方を覚えることができました

 関連記事

JavaScript ES6での{hoge}という書き方について

JavaScript ES6のスプレッド演算子に関するメモ

Vue.jsの基礎をおさらいしたければ、この技術書をぐるぐる回せばOKかと思っています。

Nuxt

Vueの本と色調が似ていますね。こちらはVueを前提に、それをフレームワークとして活用する「Nuxt.js」に関する技術書です。

一章が結構重要で、技術の進化が早すぎる「モダンフロントエンドの今の状況」を踏まえて、これからどういったアプリを作っていくべきなのか?というようなことが解説されています。

いきなり実装を書くだけでは得られない知識なのでこれはありがたいですね。

本格的にチャプター4では中規模程度のnuxt.js開発、5章ではテスト、6章ではアプリケーションのデプロイと運用。7章でプラグイン開発などNuxt.jsそのものに貢献する方法、最終章で「最新情報のキャッチアップのすすめ」として、情報収集のやり方が載っています。

完走したときに得られるものは「Nuxtが使えるようになった!」だけではないはずですね。

そういうわけでこの2冊、フロントエンドエンジニアには是非読んでいただきたい書籍です!