【3万円のキーボード】HHKBの静電容量無接点方式キーボードが最高すぎた







先日、秋葉原をふらふらしていてふと気になっていたのでHHKBの静電容量式キーボードを購入しました。

実は過去に何度か、ジョインさせていただいチームメンバーに使わせてもらったことがあって、なかなかうち心地のいいキーボードだな、ということはわかっていましたが、買って使ってみると予想以上に「手に馴染みます」。

スコスコ打鍵できて気持ちいい

私はどちらかというと「カタカタカタッターン」という打ち方が好きなので、HHKBを使う前もメカニカルキーボードを愛用していました。

実際に打ち込んで見るとわかりますがHHKBの打鍵感は非常にスコスコしてて気持ちいいです。

指に負担がかからず、いつまでも打っていたくなる感触です。

全体的に小型なので指の移動が少なめにすむのも、キーボード疲れを抑えるポイントになっているのではないかと思います。

キーストロークは深めなので、ミスタイプは少なくなった気がします。ファンクションキーがないこと、Shiftキーが非常に小さいこと、Commandキーが微妙に違う位置にあることなどは慣れが必要です。

以前のキーボードRazer BlackWidow

緑のバックライトが(厨二病的に)かっこいい、かつ緑軸は重すぎず軽すぎずのキーストロークで愛用しておりました。

メカニカルキーボードならではのカチカチ感、打っているとこれも楽しい。

ただ重量があって若干重いのと、USBケーブル二本刺さないと動作しない(自分のMBPでは)、という欠点もありました。

HHKBは非常に重量が軽く、小さいので持ち運びも楽です、ノートPCとHHKB持って開発合宿とかしたいですね。

もうメンブレンには戻れない

世の中に安いキーボードはたくさんありますが、そのほとんどがメンブレン式です。

ちょっと背伸びしてメカニカルキーボードや静電容量式を買うと、もうメンブレンには戻れなくなります。

それほどまでに魅力のあるキーボードだと思います。

さて、最近ありがたいことに常駐の仕事が入りまして、常駐先でも使いたい、家でも使いたい、でも毎日持ってかえるのは面倒くさい

ということで2個購入してしまいました。

総額6万弱、消耗品扱いの経費ですね。

(まぁリモート一本で常駐用を使わなくなったらメルカリに出品すれば良いので。。。)