入れるだけでRailsのエラー画面をリッチにするgem







お盆も過ぎてもう2018年も後半戦。皆様いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日はなんと「gemに入れるだけ」でRailsの開発環境のエラー画面がリッチになるgemがあったので紹介します。

better_errorsとbinding_of_caller導入

Gemfileに以下の文言を書き足すだけでインストール完了です。他に何もする必要はありません。

group :development do
  gem 'better_errors'
  gem 'binding_of_caller'
end

基本的に開発環境でのみ使うので、gruopはdevelopmentで十分です。

実際のエラー画面はこんな感じになります。

これをいれない場合とエラー画面を比較してみてください。おそらく情報量が非常にリッチになっていて、バグ潰しの効率が上がるのではないかと思っています。

まとめ

本記事では、入れるだけで開発効率を上げられるgem better_errorsとbinding_of_callerについて説明しました。

詳しい説明は公式のREADMEが詳しいです。

さて、こういった実務的なライブラリを紹介している技術書ってそれほどない(あっても補足にちょっと入れる程度)んですが、「Ruby on Rails 5の上手な使い方」に関しては、better_errors,binding_of_caller以外にも様々な実用性の高いgemが紹介されています。

興味のある方はぜひAmazonから購入してみてください。